中国(シナ)と朝鮮には人の住む国と思わず厳しく対処するほうがよい。

事大主義でしか生られない朝鮮民族

マドゥロ大統領「我々は乞食ではない」

 

独裁、利権、汚職、政策の失敗でハイパーインフレ、
食料・医薬品などの必需品が不足しているベネズエラ。

 

 

2019年2月8日 マドゥロ大統領は首都カラカスで記者会見し、

 

暫定大統領就任を宣言した野党指導者の要請で、
米国が提供しようとしている人道支援物資について、

 

 

「人道支援は認めない。われわれは物乞いではないからだ」と宣言した。

 

 

 

では、お隣の朝鮮民族はどうだろうか?

 

政権安定と国家維持のために、
国是(こくぜ)の「謝罪と賠償」を今日も高らかに謳う。

 

 

朝鮮民族よ、
マドゥロ大統領は、哀れみの心であなた方を諭しているのだ。

 

「われわれは物乞いではない」

 

 

 

 

嘘偽りで洗脳される民族、
事大主義でしか生られない民族。

 

 

さて、、、
人として朝鮮民族が目覚める日は来るのだろうか?

 

 

トップへ戻る