中国(シナ)と朝鮮には人の住む国と思わず厳しく対処するほうがよい。

日本国の不幸は中国(シナ)と朝鮮_福沢諭吉「脱亜論」

日本の不幸は中国(シナ)と朝鮮。

ネットが世界的に発達してきたお陰で、
普通の日本人にも中韓の人間性本性がばれてきました。

 

・東アジアの平和と繁栄にシナと朝鮮が必要などという幻想は捨てるべきである。
・隣国だからという理由で特別な(大人の対応)で接してはいけない。
・シナ朝鮮には、国際的な常識と国際法で毅然とした態度で接するべきである。

 

韓国の悪事が、ネットで暴かれてきた、約束は守らない、嘘と分かっていても平気で言い訳をころころ変えてくる。

 

売春婦問題、募集工問題、竹島問題、レーダー照射問題、日本側の証拠資料提示に韓国側は感情論での議論。そんな協議交渉永久に解決などしない。

 

「シナと朝鮮」は日本人の「自虐史観」を利用しハイエナのごとく、
日本が目覚め「NO」と態度で示さない限りたかりを止めることはない。

 

なので、「シナ朝鮮」とは一切の関係を絶ち断交したほうがよい。
※韓国は内戦が始まり、赤化統一されると思う。

 

 

シナと朝鮮の正体。

130年位前に「シナと朝鮮」を、福沢諭吉が以下の様に語っていた。

 

シナと朝鮮の人々も日本人と同じく漢字文化圏に属し、同じ古典を共有しているが、人種的に違うのか、教育に差があるのか、日本との精神的隔たりはあまりにも大きい。

 

近代文明の時代に、教育といえば儒教を言い、しかも表面だけの知識であって、現実面では科学的真理を軽んじる態度ばかりか、道徳的な退廃をももたらしており、たとえば国際的な紛争の場面でも「悪いのはお前の方だ」と開き直って恥じることもない。

 

 

2018年の韓国も
130年前の福沢諭吉の言葉で表すことが出来ます。

 

・日本人と中国朝鮮人とは「DNA鑑定」の結果、異人種であると証明されている。
・中国朝鮮人は真実と約束事を軽視する民族であり、日本人とは異なる。
・朝鮮人は特に、感謝・道徳・恥の概念がない民族がである。

 

日本人には信じられませんが、
韓国は、うわべ以外は130年前の朝鮮そのままで生き続けているのです。

 

 

他国(他人)に依存することを良しとする朝鮮民族、
いずれ、外力によって吸収され民族は奴隷化されるであろう。

 

朝鮮人のDNAは、それを望んでいるかも知れない、
与えられたことさえすれば、何も考えなくても生きていける。

 

我々は、世界一幸せ者だ」と叫びながら。。。

 

 

終戦当時の三国人(シナ朝鮮人)の犯罪

敗戦直後の朝鮮人は武装して自分たちを「戦勝国民」とし、土地の略奪、金品略奪、強姦、虐殺、銀行襲撃、警察襲撃など悪の限りを尽くし、日本人を殺して、その日本人に成りすました三国人がいる。

 

朝鮮人のあまりの酷さにGHQは「シナ朝鮮人は戦勝国民ではなく、第三国人」とし、1949年「暴力主義的団体」として「在日朝鮮人連盟」に解散を命じた。

 

 

 

三国人の蛮行から日本を守るため立ち上がった田岡一雄

戦後の日本で何が起きていたのか知っていますか?

 

朝鮮人は「戦勝国民」と称して日本人を見つけると集団でやりたい放題。
反抗できない者へは蛮行の限りをやった。

 

シナ朝鮮人の蛮行に立ち上がった田岡、日本人なら知って欲しい。

 

 

 

 

トップへ戻る